スポンサーサイト

  • 2017.07.09 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    1960'sベトジャン

    • 2011.05.28 Saturday
    • 18:38
    こんにちは。

    店長ことflying-catです。

    今までちょっとドタバタしてて更新が全然出来ませんでした汗

    久々の更新です。

    商品もまだ少ないですが、ちょっとばかり増えたので、その中のひとつ「ベトジャン」の説明を少しさせて頂きます。

    商品説明の欄に同じ事が書いてあるので、もうご覧になった方もいるかもしれませんが、その際は申し訳ありませんたらーっ

    折角なので、もう1回目を通して頂ければ幸いです。

    ではまず初めに、「ベトジャン」とはベトナムジャンパーの略で、べトナム戦争中にベトナムに駐留していた米軍兵士が、私物の為や、スーベニア(記念・お土産)の為に、現地で刺繍を施したジャケットの事です。

    他に有名な物だと「スカジャン」(こちらは横須賀ジャンパーの略)があり、年代・刺繍の違い等がありますが、それらを総称してスーベニアジャケットとも呼ばれています。

    スカジャンと比べると、非常に安っぽい感のする刺繍ですが、実はスカジャンより手間の掛かる方法で刺繍されており、個人的にはこのチープ感が堪らなく好きなんです。


    刺繍されている文にも意味が有り、例えば画像のベトジャンですと、フロントの虎の刺繍の上にある「BRIAN Mc NEIL」という方がオーダーしたベトジャンだと思われます。

    バックの刺繍「BROTHER WAS STATiONED AT TAN SON NHAT」は多分「BROTHER WAS STATIONED at TAN SON NHAT」で、「兄はタンソンニャットに配置された」の意味だと思われます。

    タンソンニャットとはタンソンニャット国際空港の事で、ベトナム戦争中には南ベトナム空軍及びアメリカ軍の重要な軍事施設だった場所です。

    文章からも想像出来ますが、サイズも小さい為、弟に自分の配属場所を知らせる為に送った、もしくはお土産として持ち帰ったのだと思います。


    と、まぁ、こんな感じになるとは思うのですが、ヴィンテージ等の年代物になると、それぞれが一点ものになりますので、ベトジャンに限らずメッセージ性のあるもの等は、使用していた人の事、心情や記念等がなんとなくが分かるのも古着の面白い所だと思います。(勿論、戦争は絶対にダメですが・・・)

    pray for peace in this world地球よつばのクローバー


    スポンサーサイト

    • 2017.07.09 Sunday
    • 18:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM